信用取引って何?やっと分かった信用取引のあれこれ

そもそも信用取引ってどんな取引なの?

わずかながらでも金融関係の情報に接したことがある人なら、「信用取引」という言葉を耳にする機会があることでしょう。それだけ信用取引に関するデータが金融情報の中でも重要なウェイトを占めていることを示していますが、ではそもそも信用取引とは一体何なのでしょうか?
本義的な意味は、その名の通り「投資家の信用情報に基づいて行われる取引」のことを指します。しかし、株式市場に限って言えば、信用取引とは「委託証拠金」という投資家から差し入れられた資金による信頼に応じて証券会社などが株を貸与し、その株を運用して行われる取引のことを指します。ニュースなどでよく聞く「信用取引が膨らむ」というタームは、つまり借りられた銘柄によって株の出来高が膨らんでいるということを意味しているのです。

信用取引をする利点ってどこにあるの?

信用取引がどのようなものか分かると、「株を借りてまで取引する意味は何なの?」と疑問に思う人は少なからずいるはずです。また株の借用に対して、借金と同じような不安を感じる人も多くいます。では実際に信用取引は何故なされるのでしょうか?その利点とは一体何なのでしょうか?
まず、信用取引は厳密には「証拠金取引」と呼ばれるものに分類されます。この証拠金取引では運用する額をそのまま用意する必要は無く、損失を補填できるだけの資金があれば取引ができてしまいます。つまり、資金額よりも大きな規模の取引が行えるようになり、効率が高い取引と言えるのです。
また、株を借用して手元に株がある状態にし、それを空売りという形で売却することで利益をあげることができるという利点もあります。損失も膨らむ可能性があるため運用には細心の注意を払う必要がありますが、株価の下落局面でも利益が出せるようになるため、株取引におけるチャンスを拡大させることができるのです。