これだけに気をつけておけば大丈夫!安全な信用取引のためチェックポイント

発注の際の建玉数に十分注意を払っておく

信用取引は利便性が高い株取引の手法ですが、一方で損失額も拡大しやすいので、その運用には細心の注意が必要です。「損失をいかに出さずに取引を行うのか」が、現物取引と同様、信用取引においても至上の命題であると言えます。
しかし、一方で注意しておかなければならないのが、信用取引が行えなくなってしまうような不意な過誤です。信用取引により損失は「自分の判断ミス」と呑み込むことができるかもしれませんが、例えば建玉数を間違って多く発注してしまい、約定とほぼ同時に追証が発生するといった凡ミスは、既に取引判断以前の問題です。信用取引は現物取引と違って、強制的に取引停止となる状況がいくつか存在するため、特に発注の時には細心の注意を払う必要があります。

金利をコストに含め、保有期限を常に念頭に置いておく

信用取引は、証券会社から株を借りて行います。そのため、株を借りた投資家は証券会社に対して期間に応じた金利を支払い、設定された返済期限が来たら、必ず手仕舞いして株を返済しなければなりません。
信用取引において、多少出た利益をこの金利が上回って結果損になってしまうというのが、実は最も『残念』な取引だと言えます。少額でも利益が出ていただけに、単に損失だけ出てしまうような取引よりも余程悔いが残ってしまいます。こうならないためにも、常に金利まで含めた利益の目標額を設定し、合わせて「ここまでの金利なら許容できる」という期限のラインを設定するようにしておく必要があります。デイトレードであれば金利の心配はほとんど無くなるので、信用取引はデイトレードを主体にするといった運用方法も有効です。